Citation Hunt

以下はウィキペディアの記事の一部分ですが、信頼できる情報源が不足しています。出典をご存知ないですか?

出典知ってる! ボタンを押すとウィキペディアに飛び、その文を直せます。次! を押すと別の文が読み込まれます。出典の付け方に質問があれば Wikipedia:出典を明記する をチェックしてみてください。グッドラック!

霊魂 の記事にはこうあります。

"

古代エジプトの時代から、人が死ぬと肉体から離れるが、肉体に再び戻って来る、という考えがあった。 古代インドでは、霊魂は何度もこの世に生まれ変わるという考え方が一般的であった。輪廻転生(転生輪廻)の思想である。  「あの世」(霊界)へ行ったり、「この世」(生者の世界、現世)に影響を及ぼしたりすると考える文化・思想も存在している。人間だけでなく、命あるもの全般、動物や植物に宿ると考えられたり、さらには鉱物にも霊魂が宿る、とされることもある[1]。霊魂を心と同一視することもある[要出典]。「心は霊体、魂は神魂[要出典]」とする、霊魂と心を同一視しない考え方もある。また他方、すでにサンジャヤ・ベーラッティプッタが来世に関する問いへの確答を避け、不可知論の立場をとった。 (→宗教などにおける説明 )